夏ファッションのトレンドアイテムをプチプラで!

Tシャツ、デニム、花柄ワンピに、オフショルトップス…。

華やかな夏服を見てると、あれもこれも欲しくなってしまうけれど、予算にも限りがあるので、プチプラアイテムを上手に活用したいところですよね。

そこで、ここでは、コスパ服が充実していて、1万円もあれば、全身コーデが買えるようなレディースファッション通販サイトをまとめてみました。

年代別に夏の新作がプチプラで買えるショップをピックアップしてるので、今年の夏服や小物を探すのに使ってみて下さいね。


さらに以下では、2016年の女性向け夏ファッションのトレンドもまとめています。

「今年の夏の流行ファッションは?」

「どんなコーデが流行ってるの?」

…なんて感じで、新作を買う前に、今年のトレンドも見ておきたい人は、チェックしてみて下さいね。

まずは、今年の夏に流行中のコーディネートやスタイルからです。

●2016夏コーデのトレンド1
フェミニンなランジェリースタイル

スリップドレス、キャミソール、ブラジャーなどなど…。

海外ブランドの今年の春夏コレクションでは、ランジェリーインスピレーションと呼ばれる「下着」から着想を得たようなアイテムが次々と登場!

ナイトガウンやスリップドレス、パジャマやネグリジェっぽいものなど、本来は、寝室だけで着られていたようなアイテムも、フェミニンなドレスや、センシャルなアウターとして生まれ変わっていました。

普通っぽいノームコアや、シンプルでミニマルなファッションが続いた反動もあってか、女性らしい「フェミニンな盛り」が復活し、さらには、ガーリーでかわいいテイストのものも多くなって来ています。

BALENCIAGA (バレンシアガ) 2015ss 春夏プレタポルテコレクション パリ(2016 PARIS COLLECTION)

バレンシアガのランジェリースタイル
出典:www.elle.co.jp/

例えば、2016年のパリの春夏コレクションでバレンシアガ(BALENCIAGA)が披露していたのは、白コーデをメインにしたランジェリースタイル。

「ホワイト」というピュアでイノセントなイメージを持つカラーを使って、より純粋に「フェミニティ」を追求するようなコーデをラインナップしていました。

ちょっと面白いのは、この「2016SS」のコレクションが、クリエイティブ・ディレクターのアレキサンダー・ワン(Alexander Wang)のバレンシアガでの最後のコレクションだった…ということ。

アレキサンダー・ワンと言えば、黒、ブラックコーデ、モノトーンコーデ、スポーティーコーデ、みたいなイメージですからね。

バレンシアガでのラストコレクションで、白コーデが中心のフェミニンなスタイルを追求した、っていうのは、興味深い話です。

ただし、さすがに、アレキサンダー・ワンが手がけただけあって、単純なフェミニンコーデというわけじゃなく、ボトムスがストライプ柄のワイドパンツだったり、キャミソールのように見えるけれど、後ろから見るとタンクトップだったり…と、スポーツ要素も随所で取り入れられてます。

これを真似して、今季は「フェミニンスタイルだけれでも、ところどころでスポーツスタイルを取り入れる」っていうのも面白いかもしれません。

●2016夏コーデのトレンド2
透けるレイヤードコーデ
ROCHAS(ロシャス)2016ss 春夏プレタポルテコレクション パリ(2016 PARIS COLLECTION)

ロシャスのレイヤードコーデ
出典:www.fashion-press.net

今年の夏服のレイヤードコーデは、レース柄アイテムやオーガンジー、シースルー素材などを重ね着して、インナーを透かして見せる着こなしが主流になっています。

上記の写真は「パリコレ2016ss」のロシャスのコーディネートですが、インナーのシルエットを、大胆に透かして見せてますよね。

インナーには、ドキッとするようなシルエットのものや、インパクトのある色や柄を持って来て、今までに見たことがないような新鮮さを演出するのが、今年の夏の着こなしのポイントになっています。

10代~20代女子向けでは、クラシカルなデザインのかわいいレース柄で、中を透かして見せるコーディネートも人気。

羽織モノでは、夏の海でも使えそうな全体が透けるロングガウンや、大人可愛いコーデにピッタリな花柄刺繍入りレースガウンなども出ています。

●2016夏コーデのトレンド3
ストリートスポーツ&スポーツミックス

ここ数年、毎年のようにトレンドコーディネートに躍り出てくるスポーツコーデですが、今年は、ちょっとストリート系の雰囲気の着こなしが目立っていました。

2015ss 春夏コレクション スポーティスタイル

 

カジュアル服に一番取り入れやすいのは、写真の1番左のクロエ(Chloe)のライン入りタンクトップ。

クロエも、ある意味、スカートに見えるような太いパンツと合わせているので、春ファッションからの流行アイテム、ワイドパンツやガウチョパンツ、スカンツなどと合わせるのもいいかもしれませんね。

また、クロエのファーストルックを飾ったスタイルは、ライン入りジャージのトップスに、花柄マキシスカートっていう組み合わせでした。

なので、今季は、スポーツテイストを持ったアイテムと、普通のカジュアルファッションのアイテムを組み合わせたミックスコーデを、いろいろと考えてみる…っていうのもいいかもしれません。

スポーツ系の素材で目についたのは、ニューヨークのアレキサンダー・ワン(Alexander Wang)のようなフィッシュネット素材のメッシュトップス。(写真の左から2番目)

ストリート系やロック系、あるいは、ちょっとモードっぽいスタイルにするなら、メッシュ素材を取り入れたレイヤードコーデにするのも良さそうです。

さらに、クールでかっこいい「本格派のスポーツモードスタイル」を披露していたのが、同じくニューヨークコレクションのラグ&ボーン(rag & bone)です。(写真右から2番目)

裾にグリーンのラインが入った黒のタンクトップワンピースに、ヘルメットのような大きめバッグを抱えて、見た目、F1レーサーのようでカッコいいですよね。

アウターでは、20代後半~30代の大人の女性でも着れそうなサテンブルゾンや、ミリタリーなテイストのMA-1ジャケットが印象的。

さらに、ファッションショーの終盤では、ロック系の夏フェスでも使えそうな「つなぎ」スタイルも披露していました。

フェミニンなランジェリースタイルということで、1番最初に紹介したバレンシアガ(BALENCIAGA)も、サテン素材のウエストポーチを腰に巻くなど、スポーツテイストとミックスしたようなコーデも披露しています。(写真1番右)

●2016夏コーデのトレンド4
新感覚のマリンファッション

海に行く時のようなマリンルックは、夏服の定番ですが、2016年の夏ファッションでは、ハイウエストのセーラーパンツなど、定番的なマリンスタイルをベースにしながらも、

  • ネイビーのセーラー服のラインがゴールドだったり…
  • ワッペンのように立体感のある刺繍が入っていたり…

装飾品やアクセサリーで「華やかに盛る」新感覚のマリンファッションが登場していました。

マリンファッション2016

 

典型的なのが「ノーティカルガール」とも言われるマークジェイコブズ(MARC JACOBS)が、ニューヨークで披露したスタイル。

メンズライクなユニフォーム調のパンツスーツに、フェミニンなボウタイブラウスを合わせて、靴には、高いヒールで、ガーリーなデザインのレースアップシューズ。

「ノーティカル」は「航海の」とか「船員の」とかいう意味合いですが、ちょっとアニメにでも出て来そうな「ガールズ航海士」スタイルになっています。

「盛る」と言えば、赤と白の太めの縦縞ワンピースを中心に、花柄刺繍、フルーツワッペン、大きいサングラス、バンダナなどで、華やかに楽しく盛っていたのが、イタリアのドルチェ&ガッバーナ(Dolce & Gabbana)です。(写真1番右)

アメリカっぽいソリッドなストライプ柄は、マークジェイコブズも取り入れていたし、シンプルなシングルストラプから、ロンドンストライプやピンストライプまで…ストライプ柄は、今年の夏の柄のシンボル的な存在になっています。

多色使いでは、60年代~70年代っぽいレトロな雰囲気を感じさせるマルチストライプ柄やマルチボーダー柄などにも注目が集まり、ストライプ柄はベルボトム、ボーダー柄は、カットソーのマキシドレスなどでも、よく使われています。

横縞のトレンドは、ピッチが太いワイドボーダー柄で、ボーダーTシャツなど、定番なアイテムほど、太ピッチのボーダー柄がトレンドになっています。

そのほか、ストライプ柄のショートパンツを中心に白コーデでまとめたバレンシアガのようなスタイル(写真左から2番目)や、縦縞のタンクトップに、スリット入りスカートを合わせて、ウェッジソールサンダルを履くラルフローレン(写真左から3番目)のような王道的なマリンルックスタイルも健在。

ヨットのロープ、貝殻モチーフ、フィッシュネットなど、海がインスピレーションの元になってるアイテムも多く登場し、夏ファッションでのマリンテイストアイテムの人気は、今年も継続中です。

 

●2016夏コーデのトレンド5
 全身ほぼ白コーデ

ブランドの春夏コレクションで、注目された全身白コーデ。

カジュアルなら、一部、ピンストライプ柄やボーダー柄を取り入れた「全身ほぼ白コーデ」が面白い!

…続きを読む


●2016夏コーデのトレンド6
 ディズニーや夏フェスに双子コーデ

夏休みに行くディズニーランドや、好きなアーティストのライブや夏フェスなど…夏はイベントが目白押し!

特別な日に遊びに行くなら、服装をお揃いにする双子コーデが注目されてます。

…続きを読む


●2016夏コーデのトレンド7
 インディゴデニムで着回しコーデ

青が濃い目のインディゴデニムは、着回し力が抜群!

薄めの色が多い夏のトレンドアイテムなら、何にでも合わせやすく、コーディネートのバリエーションが広がります。

…続きを読む


●2016夏コーデのトレンド8
 リゾートファッション

夏っぽい華やかな雰囲気もありながらも、どこかリラックスしたムードも漂うリゾートっぽい服が、今年のトレンドに新浮上!

ガーリーブランドやフェミニン系のブランドからも、リゾートファッションっぽいテイストながらも、街でも着られるような新作が、続々と登場しています。

…続きを読む


●2016夏服のトレンドアイテム1
肩見せ、デコルテ見せ、オフショルダー
Chloe (クロエ) 2016ss 春夏プレタポルテコレクション パリ(2016 PARIS COLLECTION)

クロエのオフショルダースタイル
出典:www.chloe.com

紫外線も気になるけれど「夏服ではやっぱり肌見せしたい」というわけで、フェミニンスタイルが復権した今年の夏ファッションでも「オフショルダー」は、引き続き、トレンドアイテムになっています。

シャーリング入りやフリルの折り返しなど、ゆったりデザインのオフショルダーも相変わらず人気ですが、今年の夏は、素材がガーリーなレース柄だったり、逆に、スポーティーなデザインだったり、ストリートっぽい雰囲気だったり、ちょっと意外性のあるオフショルトップスも出て来ています。

肩紐ありのタンクトップタイプでは、ランジェリーデザインのキャミワンピやスリップドレスワンピのほか、ニットやサテン素材のタンクトップや、透けるレース柄やオーガンジー素材で、重ね着が楽しめるタイプも登場!

国内のポピュラーブランドでは、デニム素材でアームホールがカットオフ(切りっぱなし)デザインになったものや、かぎ針編みで、裾がスカラップデザインになった新作もあります。

暑い夏の鎖骨見せコーデは、確実に「女らしさ」がアップする着こなしですが、大胆に露出するには、お手入れも必要だし、ちょっと恥ずかしい場合もありますよね。

その点、今年は、レイヤードできる透ける素材のアイテムが豊富なので「あんまり、あからさまな肌見せは、ちょっと…」と言う場合には、シースルー素材のアイテムを重ね着するという手もあります。

●2016夏服のトレンドアイテム2
お腹見せ、ショート丈トップス
DIOR (ディオール) 2016ss 春夏プレタポルテコレクション パリ(2016 PARIS COLLECTION)

ディールのショート丈トップス
出典:www.wwdjapan.com

エロさを適度に押さえつつ、健康的なセクシーさで男ウケを狙う最近の夏の肌出しスタイルで、肩見せに次いで定番になりつつあるスタイルと言えば「お腹見せコーデ」です。

海外ブランドのコレクションでは、ディオール(Dior)が、いろいろな素材でのショート丈トップスコーデを披露していました。

ガーリーなミニスカートスタイルが中心ですが、日本国内では、ハイウエストボトムなども流行っているので、ボトムにパンツを選んで、おヘソは見せず、お腹の上の部分だけ露出するようにしても今年っぽいコーディネートになります。

また、前から見ると普通だけれど、後ろを向くと、背中が見えてドキッとする「背中開き服」も、Tシャツ、ノースリーブニットから、ブラウスに見えるデザインまで、いろんなタイプの服が登場して来ています。

がっつり深めに開いて、すこぐセクシーに見えるものから、ちょっとだけチラ見せするものまで、露出度もいろいろなので、あなたの好みに合わせて探してみて下さいね。

●ワンピースのトレンド2016
透け感のあるワンピース
透ける素材のワンピース

レディースワンピースは、素材も柄もデザインも、年々進化して来ていますよね~。

最初からコーデされてるドッキングワンピが出て来たり、オールインワンタイプが出て来たり、フリル付きや、ペプラムデザインが出て来たり…。

今年の夏も、ワンピースは、バリエーションが本当に豊富です。

あまりに沢山あるので、トレンドも「これっ!」って決められないほどですが、あえて言うなら、透け感のある素材のワンピースと、甘くない感じの大花柄のワンピでしょうか。

透ける素材は、ナチュラルなコットンレースが注目されていることもあり、チュールレースっぽい花柄や、トーションレースっぽいドット柄、リゾートファッション的な着こなしに使えるボタニカル柄など…いろいろなデザインのものが出て来ています。

花柄の方は、女性向け夏服のトレンドのトップでも紹介しましたが、やっぱりちょっと昔風のレトロなデザインのものが流行っています。

レトロな花柄の中でも、特に、ワンピースで注目したいのは、ちょっと大人っぽく着られる大胆で大きな花柄。

夏っぽいビビットな色合いだけじゃなく、今季は、白と黒のモノトーンな花柄のワンピで、大人ガーリーな着こなしをするのもおすすめです。

去年の夏にトレンドを席巻していた、肩出しワンピや、オフショルダーのワンピも、引き続きトレンド継続中ですが、今季は、ノースリーブだけれど、デコルテは隠してしまうハイネックのワンピや、肩と袖がシフォン素材で透けてるようなデザインのワンピも登場して来ています。

夏っぽい着こなしが好きな人には、ゆったりしてリラックス出来るようなシルエットのアイテムも人気で、ファッション雑誌などでは「ゆるリラ」などとも呼ばれています。

サファリファッションにぴったりなゆるシャツもそうだけれど、シルエットがゆったりしている洋服は「ヌケ感」があるので、着るだけでもオシャレに見えるんですよね。

体型カバーには、ワンピースの上からハイウエストベルトをしめて、くびれを強調したり、脚を長く見せるのに、ウエストマークのベルトの位置を高めにするやり方もあります。

 

●Tシャツのトレンド2016
 ロゴTシャツ&キャラクターTシャツ

アルファベットロゴTシャツ レディース

夏はやっぱりTシャツが欠かせない!

定番のアルファベットロゴTシャツも、オフショルダーデザインの前縛り仕様など、今年風のものが登場しています。

また、少しハズした着こなしに挑戦するなら、キャラクターTシャツや、Calvin Klein(カルバンクライン)やFILA(フィラ)などのリバイバルロゴTシャツにするっていう選択肢もあります。

…続きを読む


毎年のように夏に流行るシースルー素材の中では、今年は、特にコットンレースが注目を集めています。

スポーツトレンドとミックスしたようなメッシュ素材もおすすめ。

…続きを読む


●2016夏のトレンド小物
付け襟&ニット帽

夏はアイテム数が少なくなる分、小物にも注目したいですよね。

まずは、前にも流行ったことがあるけれど、今年の春夏に、再びブームがやって来てるような感じがする付け襟です。

付け襟

シンプルな単色の付け襟はもちろんのこと、レース素材のものや、ギンガムチェック柄など、いろんなタイプの「付け襟」が登場して来ています。

単なるTシャツでも、付け襟をプラスすると、お洒落になるから不思議ですよね~。

また、人とちょっと違ったスタイルを目指すなら、ラインが入ったセーラー衿の「付け襟」や、刺繍の入った「付け襟」なども出てたりするので、通販サイトやショップなででチェックしてみて下さいね。

そして、「付け襟」と並んで、もう一つ注目しておきたい夏の小物がニット帽です。

冬のアイテムニット帽も、ついに夏に進出ですね(^o^)

ファッション雑誌などでは、ニット帽をかぶった夏コーデなどが紹介されてますが、これが、意外に合うし、可愛いんですよね。

ちょっとスポーティーかマリンな感じの夏ファッションにニット帽をかぶるだけ…っていう風に、着こなしも簡単なので「ニット帽もいいかも♪」って思った人は試してみて下さいね。

●2016夏のトレンド小物
 メガネ or サングラス

人気のメガネフレーム

付け襟と並んで、こちらもまた、今季、久しぶりに盛り上がりを見せつつあるメガネ女子。

ちょっとレトロな雰囲気のボストンタイプ、ラウンドタイプ、サーモント眼鏡などが人気になってます。

…続きを読む


●2016夏のトレンド小物
 ストローハットとカンカン帽

ストローハット

夏は日差しも強いし、紫外線の心配もある…。

そんな時に便利なのが、コーデのアクセントにもなり、日差しからも守ってくれるストローハットやカンカン帽です。

…続きを読む


 

10代~20代では、「ViVi」や「Sweet」に載るようなデザインの洋服がプチプラで買えるショップが人気!

20代後半~30代前半では、「InRed」や「GINGER」に掲載されるようなシンプルで大人可愛いデザインの洋服が買えるショップが人気になっています。

30代後半~40代では、少しレトロなデザインや、ゆったりとしたシルエットで、リラックス出来るようなカジュアルウェアの販売サイトが人気になっています。