2017夏ファッション > 女っぽいファッションを、セクシーになり過ぎず取り入れるには?

女っぽいファッションを、セクシーになり過ぎず取り入れるには?

2017年のレディース夏服では「女っぽ」がトレンド!

だけど、女っぽいファッションって、やり過ぎると、セクシーに成りすぎちゃって、可愛さが消えちゃいますよね。

そこで、ほどよく「色っぽく」もなりつつも、可愛さを失わない夏コーデの作り方をまとめてみました。

ヘルシーな赤でガーリーコーデ
赤のビスチェを白Tシャツにレイヤードする夏コーデ

赤色は、流行りのデニムにも合うし、ヘルシーで女の子っぽくもなれる色。

ほんのりとした肌見せや、黄色やピンクなどの派手色との相性もいいカラーです。

真っ赤なニットのビスチェを白Tにレイヤードしたり、ボトムスはいつものデニムでも、ノースリーブシャツやオフショルトップスで赤を取り入れるだけでも、今年っぽい夏ファッションになります。


透けトップスにはデニムパンツを合わせる
透けるトップスにデニムパンツを合わせるコーデ

トレンドの透けトップスは、今すぐ夏コーデに取り入れたいアイテム。

セクシーになり過ぎないようにするには、デニムを合わせてカジュアルに着るのがオススメです。

淡いピンクのシフォンブラウスに、レースアップのデザインデニムを合わせて、ベーシックなカジュアル服で、女っぽさをおさえたコーディネートが人気です。


デコルテ見せの時は、脚は見せ過ぎない

デコルテなどの上半身を肌見せするときには、下半身の肌見せを控えめにすると、上品に見えます。

オフショルブラウスには、ミニスカはやめて、少し長め丈のスカートを合わせて、コルセットベルトでウエストマークすると、今っぽい夏っぽい着こなしになります。


ボリューミーなトップスにはコルセットベルト
ボリュームトップスにコルセットベルトを合わせるコーデ

ガーリー派の鉄板アイテム「ボリュームトップス」は、そのまま着るのもアリですが、今年はコルセットベルトでウエストマークするのが新鮮です。

ボリューミーなトップスの上から、コルセットベルトをするだけの簡単アレンジで、ぐっとスタイルを良く見せてくれる着こなしになります。


カジュアル夏コーデにはウェッジサンダルが使える
白のウェッジサンダル

カジュアルさもあり、女の子っぽさもあるウェッジサンダルは、どんなコーデにも使える万能靴。

ヒールだとセクシーになりすぎる時に、ピッタリはまります。

ワンピースやデニムとも相性が良く、今年はつっかけタイプが多いから、脱ぎ履きしやすいところも人気です。


透け透けトップスは、上からビスチェを着る
透けトップスにビスチェをレイヤード

流行の透けトップスにはビスチェを重ねて、肌を出しすぎないように着るのがオシャレ。

ビスチェは、一枚で着たり、レイヤードしたり、夏服としては、着まわし力があるので、コーデの幅も広がります。

ピンクや赤の派手色ビスチェは、顔色を明るく見せてくれるので、コーデのアクセントにもなります。


フェミニンな夏ファッションには、イレヘムスカート
イレヘムスカート

今年のスカートは、ミモレ丈のスカートの裾が、アシメントリーに進化したイレヘムスカートが大人気。

歩くたびに揺れる変形フレアーが、脚をきれいに見せてくれるので、20代~30代の大人可愛い服が好きな人にもおすすめです。

リブニットトップスなど、タイトでコンパクトなトップスと合わせると、バランスのいい着こなしになります。


フリルトップスに合わせるならタイトなボトムス
袖フリルトップスにデニム素材のタイトスカート

大胆なフリルが可愛いオフショルトップスなど、主張の強いフリルアイテムは、ボトムをシンプルにしてバランス良く着ます。

フリルを主役にして、ボトムスは、膝丈のデニムスカートなどのシンプルなアイテムを選びましょう。


肩見せのし過ぎは、スカーフで調整

肩を出すオフショルダートップスで、肌の露出のし過ぎが気になる時には、スカーフを首に巻いて肌感を調整するのがおすすめです。

合わせるボトムスは、スキニーなどのタイトなアイテムよりは、フレアースカートやチュールなど、ふわっと女の子っぽい服の方が、上品でキレイに見えます。


大人っぽい夏コーデなら、ギンガムチェック柄
ギンガムチェックワンピース

柄物の洋服をコーデに取り入れるなら、モノトーンのギンガムチェックがおすすめ。

カラフルなアイテムが多い今季には、モノトーンのギンガムチェックが新鮮で、大人っぽい着こなしが楽しめます。

ギンガムオフショルや、ギンガムチェックシャツに黒のスカートをはいて、コルセットベルトでメリハリをつけるような大人っぽい着こなしも人気です。